日刊知的ぐうたら生活

ボーカリストSCHAZZIEのデコブログ

ヨーカドーのきゅうりが酷すぎる

 
 
昨日、ヨーカドーで7本299円のきゅうりを買ったら、パサパサでまずくて全然食べられず、結局全部捨てる羽目に。
 
ヨーカドーの生鮮食品はどれもあまり良くないのだけれど、特に野菜が良くない。
 
その中でもきゅうりは酷い。中が黄色かったり、すが入っていたり、パサパサだったり。どうやっても食べられない。
 
そういうのは外から見ても分からないので、つい買ってしまうのだけど、毎回またかと思ってがっかりする。ほぼ毎日きゅうりを食べるので、この痛手は大きい。
 
今まで他の店では、食べられないきゅうりなんて売っていなかったし、例えば100円ショップでも、バッタ品を売っている店でも、そんなきゅうりはなかった。
 
ヨーカドーは安かろう悪かろうを平気で売るんだなと思ってしまう。ヨーカドーの安い物はだいたい良くないので、お金を捨てるようなもの。でも、特売品以外はよそより高い。
 
いや、特売でない高いきゅうりも、夏でも冬でも酷い商品だから、仕入れ担当者は商品をちゃんと確認して売っているのだろうかと思う。
 
さんざんがっかりして懲りているんだけど、毎日食べるし、一番近いスーパーだから、つい買ってしまう。そして毎回がっかりして、お金も無駄にしている。
 
ヨーカドーの本部からして安かろう悪かろうが平気なのか、うちの近くの店だけがそうなのかは分からないけど、本当に酷いきゅうり。昨日はいい加減に堪忍袋の緒が切れた。
 
もうヨーカドーでは、絶対にきゅうりは買わないようにしよう。