日刊知的ぐうたら生活

ボーカリストSCHAZZIEのブログ

鬼平犯科帳最終回

毎週日曜日の夜中は、その日録画した「鬼平犯科帳」を観るのが習慣になっていました。

弟が亡くなって間もなく、奇しくもその時に読んでいた池波正太郎の『鬼平犯科帳』が、中村吉右衛門主演のテレビシリーズで再放送されることになり、最初は毎日、最近では日曜日だけになりましたが、1作も欠かさず観て来ました。

この2年間、もちろん原作も全24巻読破し、本の方にもはまりましたが、話す相手もなく、胸に抱えていた想いを、吉右衛門鬼平に随分慰められました。

中村吉右衛門さんも亡くなられてしまいましたが、鬼平の正義感や優しさ、人を思う心の大きさは本当に素晴らしいし、池波正太郎が「吉右衛門でなければ」と言っただけのことはあり、吉右衛門さんは鬼平そのものでした。

鬼平長谷川平蔵は実在の人物です。『鬼平犯科帳』のエピソードは池波正太郎の創作ではありますが、とにもかくにも鬼平が実際にいたということは、希望のない世の中にあって、自分も鬼平のように生きたいと、希望を失わずに生きる為の光でした。

昨夜はその「鬼平犯科帳」が最終回スペシャルで、いかにもにこれでお終いという作りだし、2年間心の拠り所だった番組が本当に終わってしまうのかと、最後は涙にくれた次第。

鬼平は死なねぇよ」

という科白も泣けるじゃありませんか。しかも、火付盗賊改方の長官も解任されるというのだから、これはもう本当に最後だと。

原作の最後は、作者の池波正太郎が亡くなった為、シリーズの途中で終わっているので、今回の終わり方は完全にドラマ用ではありますが、涙なくしては観れないものでした。

最近お酒は飲まないのだけれど、これは飲むしかないと、とっておいた日本酒まで飲み、別れを惜しむことしきり。

しかし、ドラマが終わり、これで心の拠り所もなくなったなと感傷に浸っていたところ、「次回はシリーズ9の第1話をお送りします」というクレジット。

目が点になりました。あれ?今日は最終回じゃなかったの?と。そういえば「鬼平犯科帳」は9シリーズまであると、どこかで見たような。とすると、今日のはシリーズ8の最終回?

でも、これまでのシリーズごとの最終回はこんな終わり方はなかったし、火付盗賊改方の長官も解任されてしまうわけだし、さてどうなるのでしょう?

最初に再放送と書きましたが、私自身はリアルタイムの放送は全く観たことがなかったので、全話が初回でした。なので、この先は全く見当がつきません。

ともあれ、まだ続くことに安堵しながらも、次の最終回は本当に本物の最終回なのだな、いつか必ず終わりは来るよねと思うと、寂しさは変わりませんでした。

いずれにせよ、今しばらくはまだ鬼平に会う事ができますが、ドラマが本当に最終回を迎えて終わったら、また原作を読み直そうと思います。

自分の事しか考えない人の多い、この汚れた世の中で、鬼平という常に人の気持ちを汲み取ることのできる、リーダーとはこうでなければと思える素晴らしい存在が、今の私の唯一の救いなのです。

主な物価対策の一覧

各党、参院選に際して公約を発表していますが、様々な公約の中で、庶民が最も関心があるのは物価対策ではないかと思います。

ガソリンや公共料金の値上げから、日用品の10,000項目以上の値上げラッシュの一方で(今後まだまだ増えます)、年金引き下げや高齢者の医療費窓口負担2倍、介護保険値上げ、介護利用料金値上げなどが行われています。

上に書いた例は、高齢者にしか関係がないと思われるかもしれませんが、年金が下がって介護保険が上がれば、実際に受け取る金額は大分減ります。その上、医療費や介護利用料金が上がれば、負担は家族にかかって来ます。

高齢者は早く死ねとばかりの政策ですが、人は誰しも全員例外なく歳を取ると言う事。いつか必ずあなたも高齢者になります。だから、他人事ではないのです。

給料が上がらない状況で、 物価だけはどんどん上がる。これを「スタグフレーション」と言います。庶民には最悪の状況です。困窮する人々が増え続ける中、各党はどのような対策を掲げているのでしょうか。

主な物価対策(最低賃金と消費税)についての各党の公約が一目でわかる表がありますので、是非ご覧下さい。投票のひとつの参考になればと思います。

付け加えますが、現在の自公政権は頑なに消費税を下げようとしません。消費税は社会福祉の為の安定財源だと。

しかし、これは嘘です。消費税増税で福祉が良くなりましたか?消費税の大部分は大企業の税金を下げた穴埋めに使われています。つまり大企業の為に税金を払っているようなものです。

大企業の税率を元に戻せば、消費税は不必要なのです。自民党は国民全員から取れる消費税は取りっぱぐれがない財源と思っている為、消費税を下げるあるいはなくす気は、はなからないと思って下さい。

自民党の本音

「そもそも国民に主権があることがおかしい」

国民主権基本的人権、平和主義、この3つをなくさなくては本当の自主憲法にはならない」

「国民の生活が大事なんて政治は間違っている」

「人権、人権、人権とバカなんじゃないかと。もっと大きなものを護るために命を捨てろと命令できる憲法改正が必要」


《無関心で大丈夫?
徴兵されてもイイの?
人権なくてイイの?
国の為に血を流せってよ

#ヤバすぎる緊急事態条項
#こんなところに日本会議
(多肉 on Twitter)》

他国の戦争に乗じて危機感を煽り、これ幸いと軍事費倍増を掲げる自民党ですが、本音は「国民の暮らしを守り抜く」という参院選のキャッチフレーズとは真逆です。

国民の人権などなくていい、「国民の為」ではなく「国の為」に血を流せと言っているのです。

上記の自民党議員は日本会議のメンバーです。日本会議とは、極右翼の団体で、安倍晋三高市早苗をはじめ、大多数の自民党議員がメンバーになっています。戦前回帰を目指し、戦争をしたがっている団体です。

つまり自民党が言う憲法改正とは、日本国憲法を戦前の「大日本帝国憲法」に戻すこと。そして戦争ができる国にすることが目的です。けして国民を守る為の憲法改正ではありません。

ちなみに憲法とは、国民に対する法律ではありません。国の権力者が独裁政治をしないように、権力を縛る法律です。だから、今の憲法は戦争をしたい自民党、あるいは日本会議にとっては都合の悪いものなのです。

現在、他国は日本の「戦争をしないという平和憲法」を尊重しているので、これは十分に抑止になっています。安倍晋三らが言う「敵基地攻撃」を認めてしまえば、他国は逆に日本を攻撃して来ます。

「敵基地攻撃」には「味方基地攻撃」がもれなくセットでついて来ます。つまり日本が先に攻撃すれば、当然他国も攻撃してくるのですから、もう戦争を避けることができなくなります。

他国は日本に50基以上もある原発を狙って来ます。例え狙わなくても、狭い国土に50基以上もあれば、ミサイルが当たる可能性も高い。戦争になれば日本はお終いなのです。

さらに、戦争になれば食料などの輸入も止まり、食料自給率の低い日本は、爆撃などなくても餓死して終わりです。

ウクライナのように、攻めて来られたら困るから軍備拡張は必要だとするのは単純過ぎます。いまだに続く戦争を見て分かるように、武力では何も解決できません。ただ死ぬ人が増えるだけ。それも戦争など望んでいない一般の国民が。

自民党公明党、維新などの戦争をしたがっている党が、本気で国民を守ると思いますか?本気で守るつもりなら、そもそも戦争ありきで考えたりしません。戦争を起こさないように外交努力をするのが正道です。それが政治です。

戦争ありきで考えるのは、外交能力がないと言っているようなものです。だから政治家には、有名人とかタレントとかで判断せず、本当に能力のある人を選ぶべきです。その為に、普段から政治に関心を持つ事が必要です。

ちなみに安倍晋三が戦争をしたがっているのは、軍需産業を営む一族の為、また元防衛大臣稲田朋美は、軍需産業の株を大量に買っています。戦争が起これば、彼らが儲かるというわけです。

ここからも分かるように、彼らは国民の事など考えていません。いざ戦争ともなれば、自分達は安全な所から高みの見物、国民はただの使い捨ての駒でしかありません。

「今だけ、金だけ、自分だけ」

これが自民党日本会議)の本音です。国民の命を軽視しているのは、コロナ対策でもよくお分かりでしょう。「国民の暮らしを守り抜く」は大嘘です。

あえて政治の話をします

政治の話なんてつまらない、興味がないという方もいるかと思いますが、参院選を控えた今、あえて政治の話を投稿しています。

政治なんて自分の生活には直接関係ないと思うかもしれませんが、今現在言われている電力不足やコロナ対策、物価高など、政治は私達の命と生活に密接に関係し、政治が国民の為に適切に行われなければ、国民の命や生活は脅かされることになります。

政治の話はタブーというのは間違いです。日本は故意にそのような風潮が作られて来た為、声を上げることを躊躇う人が多いですが、ダメなこと、理不尽な事には声を上げていいのです。

政治家は先生でもなんでもなく、偉いわけでもありません。国の主権は税金を払っている国民にあり、政治のあり方に意見をするのは国民の権利です。

また、政治家のする事をよく見て意見なり批判なりする事は社会をより良くする為に、また一人一人の暮らしを良くする為に必要な事です。でなければ、社会は成熟しないし、進歩もしません。

今、日本は様々な面で危機的な状況にあります。例えば、少子化がこのまま進めば、冗談ではなく日本という国は消滅します。政治に無関心でいたら、いつの間にか日本はなくなっているかもしれないのです。

18歳成人で、選挙権も持てるようになったのです。親子で政治の話をするのも大切な事ではないでしょうか。

今、テレビや新聞などのメディアは政権への忖度で、政権に都合の悪い事は報道しません。憲法改憲草案を報道しないのもそのひとつ。

選挙前は都合が悪いから言わない、報道しないということは、そもそも国民にとって良い内容ではないということです。ですが、報道されないのですから、ほとんどの人は知らない場合が多い。

というわけで、選挙前に政治の話を書こうと思いました。報道されない事実を、一人でも多くの方に目にして頂きたいと思うからです。

どうか投票には必ず行って下さい!

改憲されてしまえば、選挙権もなくなるかもしれません。

国民全員が知るべきこと

昨日投稿した「自民党改憲草案」について、他のSNSで期せずして大きな反響がありました。

改憲するというばかりで、内容を積極的に明らかにしない自民党。選挙後にということは、選挙前に国民に広く知られては困る内容であるということ。つまり多くの国民が内容を知らないのが現状です。

一人でも多くの人に知ってもらう為、シェアなり拡散なりして頂ければ幸いです。手遅れにならないうちに声を上げて下さい。どうかよろしくお願い致します。

───《昨日の内容》───

自民党改憲草案で憲法はどう変わる?】

自民党改憲草案を是非知って下さい。

これが通れば日本は民主主義ではなくなり、独裁政治になります。基本的人権や自由もなくなり、徴兵制が復活して戦争をする国になります。大事な人が戦争で死ぬのが当たり前の国になります。

自民党参院選が終わるまで、故意にこれに触れません。選挙が終わってから、有無を言わさず改憲をするつもりです。改憲に賛成する自民党公明党、維新、国民民主党を選んでしまってからでは遅いのです。あなたの生活、命に直結する大事な事柄です。今、知って下さい。

https://kaiseisouan.com/