日刊知的ぐうたら生活

ボーカリストSCHAZZIEのブログ

5万人超え

【全国の新規感染者、初めて5万人超える 5日連続で過去最多を更新】


国内で22日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数が初めて5万人を超えた。新規感染者は21日に過去最多の4万9844人が確認されており、5日連続で最多を更新した。

22日の新規感染者は、東京都で1万1227人、大阪府で7375人など、各地で過去最多を更新。(本文抜粋)

➡️東京は遂に1万人超え。マンション敷地内のスーパー、ハンバーガー店でも感染者が出た。店の従業員は報告されるが、お客さんの報告はないから、実際はうようよいるんだろうな。

スーパーは混雑を避けて、なるべく夜遅くに行くようにしているけれど、感染力の強いオミクロン株だから、エレベーターに乗るのも怖い。

東京は都民全員が感染するかもしれないと言われている。それに対してまん延防止でいいのか?と思う。経済専門家は「経済や社会を止めるのが感染を止める特効薬だが、それによって困窮し自殺する人が出る」と言うが、特効薬だと分かっているなら短期集中でやるべきだ。困窮した人達は、国が十分な補償をすれば救える。

経済の問題なら、いずれは復旧するだろう。しかし、感染で失われた命は二度と戻らない。経済、経済と言うが、その経済を回すのは命ある人間だ。「感染は止める、社会は止めない」と言う知事がいるが、二兎を追う者は一兎をも得ず。結局どちらもダメじゃないか。東京都民が全員感染したら、社会は止まる。日本全国どうにもならない。日本沈没だ。

厚労省や分科会などの専門家の言う事も支離滅裂で、まともな感染対策も出せないから、何のための専門家なのかさえ分からなくなっている。それぞれが忖度しまくりの、役立たずな人間の集まりでしかない。

ゼロコロナにはできないと、はなから決めつけてゼロにする機会をみすみす逃し、努力もしない分科会は「医療機関にはギリギリ持ち堪えてもらいたい」などと言うが、そのギリギリを超えたらどうなる?その答えもなしに、よくも専門家などと言えるものだ。なぜギリギリになるまで感染拡大を放置するのか意味が分からない。

重症化しないから感染してもいいと言っているかのような専門家。オミクロン株は軽症で済むと思わせたいかのようなマスコミ。しかし、感染力が強ければ、感染者が増えるのは当然。それに比例して重症者も死者も増える。その犠牲は見て見ぬふりをしようと言っているようにしか思えない。

結論としては、政治家や御用学者、マスコミなどは全く信頼できないから、第1波の時から言い続けている事だが、各自が自分の身は自分で守るしかないという事。結局それしかないんだ、この国は。絶望的だが、くれぐれもご無事で。

L.M.モンゴメリの本

f:id:scw:20220118235952j:plain

赤毛のアン』の作者、L.M.モンゴメリの『Jane of Lantern Hill』を読みました。読了記録にAmazon.jpのリンクを引用したら、手持ちの本の画像が出ませんでしたが、Amazon.ukで該当する画像を見つけました。

実はモンゴメリが『赤毛のアン』以外の作品を書いていた事を全く知らず、たまたま古本屋さんで見つけて読んでみたというわけですが、『赤毛のアン』を含め、モンゴメリの女の子シリーズは結構あるんですね。

『Anne of Green Gables』(8作)

『Emily of New Moon』(3作)

『Jane of Lantern Hill』

『Pat of Silver Bush』(2作)

などなど。他にタイトルに女の子の名前が付いていない作品も多数。

『Jane of Lantern Hill』も『赤毛のアン』同様、カナダのプリンス・エドワード島が舞台ですが、状況描写ではなく情景描写が多く、そういえば『赤毛のアン』もそうだったかなと。『赤毛のアン』の、駅からグリーン・ゲイブルスに向かう途中の桜の描写が素晴らしい(原文が)と思った記憶があります。

しかし、情景よりストーリーを重視する私にとっては、情景描写が多いのは退屈で、だいぶ飛ばし読みしました。自然に対するアン的な感覚は『赤毛のアン』だけで十分かなと。(苦笑)

でも、それがモンゴメリの作風ということなのでしょうから、他の作品も同様なのだろうと思います。

物語は児童書によくあるストーリー展開だと思いますが、いきなり突拍子もない事が起こったりして、結構突っ込みどころが満載です。話の半分くらいはお祖母さんにいじめられているし、なのにお母さんは全然助けてくれないし。それに突っ込みを入れながら読むのも、それはそれで面白いかもしれません。

介護施設も面会禁止

f:id:scw:20200311174233j:plain

今日の新規感染者は、東京3124人で先週から+2483人。全国では18859人。

昨日コロナ感染急拡大の為、今月の母との面会は諦めると書きましたが、今日それを伝える為に施設に電話したら、しばらく面会禁止となる事が決まったとのこと。

いずれそうなるだろうとは思っていましたが、思っていたより急でした。施設のある地域でも、先日まで新規感染者数が30人前後の2桁だったのに、急激に増えて一気に3桁になったので、当然の措置だと思います。地方もそれだけ深刻になって来たということです。

会いたいという気持ちはひとまず置いといて、とにもかくにも母が感染しないよう祈るばかりです。

※写真は実家の方から東京に戻る時に見える富士山

介護施設も面会禁止

f:id:scw:20200311174232j:plain

今日の新規感染者は、東京3124人で先週から+2483人。全国では18859人。

昨日コロナ感染急拡大の為、今月の母との面会は諦めると書きましたが、今日それを伝える為に施設に電話したら、しばらく面会禁止となる事が決まったとのこと。

いずれそうなるだろうとは思っていましたが、思っていたより急でした。施設のある地域でも、先日まで新規感染者数が30人前後の2桁だったのに、急激に増えて一気に3桁になったので、当然の措置だと思います。地方もそれだけ深刻になって来たということです。

会いたいという気持ちはひとまず置いといて、とにもかくにも母が感染しないよう祈るばかりです。

※写真は実家の方から東京に戻る時に見える富士山