日刊知的ぐうたら生活

ボーカリストSCHAZZIEのブログ

初彼岸

f:id:scw:20200922161122j:plain

今日はお彼岸の中日。

3月に急逝した弟の初彼岸ですが、相変わらずのコロナのせいで、お盆に続いてお彼岸もまたお墓参りに行けませんでした。

昨日は敬老の日

これまたコロナのせいで、未だに介護施設にいる母には会えません。テレビで、ビニール越しに家族に会って涙している方を観て、もらい泣き。私もビニール越しでもいいから、とにかく元気な姿を見たい。会いたいです。

8月末には、結婚して名古屋に行った姪(一番可愛がっていた姪)に第一子が産まれました。お祝いは送ったけれど、姪にも赤ちゃんにも会えません。

もう、悲しみを越えた諦めの境地。

人生の節目にもなる冠婚葬祭が、まともにできない世の中は悲しい。何がwithコロナだと思います。withコロナじゃダメなんだと何回でも言いたい。今は他人事でも、冠婚葬祭は必ず自分にも訪れる。その時に、withコロナのままだったら、きっと悲しい思いをするでしょう。一人一人がそれぞれの立場で想像して欲しい。

しかし、自分がいくら努力して自粛して、感染を防いでいても、どうにもならないもどかしさ。政府がGOTOナントカを進めているから、もう大丈夫なんだというわけではないのに、最近世間の危機感は薄れてます。

この連休の大混雑のニュースなどを観ると、暗澹たる気持ちになります。各店舗に置いてある消毒液を使う人も減って来たし、飲食店で顎マスクで唾を飛ばしてる人を見ると、腹立たしい。そこにコロナがある状況は変わっていないのに。

それで各種規制緩和が進んで行くと、いつまで経ってもお墓参りにも行けない、母にも会えない、万が一の時には病院にお見舞いにも行けない、子どもは会えないままに、いつの間にか大きくなっているかもしれないし、母は曾孫の顔も知らないままになるかもしれない。

ウィルスは自然の災害(本当に自然のものかどうかはともかく)だから、どうしようもないのかもしれないけれど、人類として撲滅させる努力はしなくてはいけないでしょう。ウィルスがあるのは自然ではあるけれど、人類はウィルスとずっと戦っているんですから、コロナとだって最後まで戦わなければ。

でなきゃ、冠婚葬祭だけでなく、この先ずーっとマスクして暮らすんですか?不自由な生活のままでいいんですか?と思います。せめてワクチンや治療薬ができるまで、目先の欲に負けず、自分を大事にして欲しいです。

秋の新宿御苑散歩

f:id:scw:20200921204728j:plain

f:id:scw:20200921204731j:plain

f:id:scw:20200921204736j:plain

f:id:scw:20200921204738j:plain

f:id:scw:20200921175621j:plain

f:id:scw:20200921175727j:plain

新宿御苑①】
お天気がいいので久しぶりに新宿御苑
家にはない緑に囲まれリフレッシュ。木々の間では、ヒグラシと秋の虫のセッション。しかし、結構人は多いです。私を含め、4連休にどこにも行かない人々でしょうか?

新宿御苑②】
今月いっぱいは、18時まで開いている新宿御苑。夏の間は夕方6時はまだ明るいですが、秋のお彼岸ともなれば日が暮れて、木陰ではもう暗いです。点灯したdocomoビルを御苑で見るのは、意外にも初めてかも?暗くなるにつれ、姿を現して来た細い三日月が綺麗でした。明日は秋分の日。これから夜が長くなります。

ホワイトプルームマウンテン

f:id:scw:20200920205849j:plain

ダンジョンズ&ドラゴンズシリーズのひとつ、ポール・キッドの『ホワイトプルームマウンテン』(紙バージョン)が届いた。

めっちゃ嬉しいー!

というのも、D&Dの世界を描いた『ドラゴンランス』シリーズ、『ダークエルフ物語』シリーズ、『クレリック・サーガ』シリーズと読んで来て、それぞれの外伝やら何やらも全部読み、あとは『銀竜の騎士団』シリーズと『ホワイトプルームマウンテン』だけとなったのに、この2作がどうしても入手出来なかった為、シリーズのリストがずーっと空白のままだったのてす。

『銀竜の騎士団』シリーズよりも『ホワイトプルームマウンテン』の方が読みたかったので、先日書いた『ダークエルフ物語』の合本版を検索していて、これを見つけた時には、長年の夢が叶ったような気がしました。やっと読むことが出来るんですから。

ちなみに『銀竜の騎士団』シリーズも入手できそうなので、おいおい買おうかと思っているのだけれど、それより『ダークエルフ物語』をどうしようか迷い中。

その悩ましい事情については、以下の過去記事をご参照頂き、併せて読んで頂けると幸いです。なお、ダンジョンズ&ドラゴンズに関しては、知る人ぞ知るという感じで、私がここで説明するよりも、ググッて頂いた方がより分かりやすいかと。

★『ダークエルフ物語』合本版

https://www.facebook.com/100008353900975/posts/2722105601411210/?extid=iv3QsZftLWX2UJNA&d=n

ダークエルフ物語合本版

f:id:scw:20200918201848j:plain

R・A・サルバトーレの『ダークエルフ物語』全12巻の合本版が、なんと半額!!!

欲しいーっ!けどKindle版というのが悩むところ。電子書籍を読むと、もれなく目が痒くなるし、私の主な読書場所であるお風呂では読めないし。う〜む。

これ、1回全部読んでいるんだけど、自分で持っているのは3冊のみで、あとは全部図書館で借りたんでした。ダークエルフのドリッズドがカッコよくて気に入ったので、全部揃えようと思ったら、ダンジョンズ&ドラゴンズシリーズの本て絶版が多く、古本で買おうとしても法外な値段だったりして、泣く泣く諦めてました。

それが全巻合本版(紙のページで5000ページ以上)で、しかも半額セールだなんて素晴らし過ぎる!と思うんだけど、やっぱり私的に電子書籍はネックなんだよねぇ。今まで何冊か買ってみたけど、結局全然読んでないし。

でも、全巻入手するにはこれしかないんだろうなあ。ああ、悩ましい。